建物を建築主に引き渡す前に、まず建設会社による自主検査(社内検査)が行われます。この検査は「仕上り状態に不備はないか」「設備機器は正常に作動するか」などに重点を置いています。だいたいの不具合はこの検査で解消されます。
(自主検査をしない建設会社がありますが、当事務所ではそのような建設会社は紹介していません)

次に建築主と設計事務所による検査を行います。建設会社の担当者と三者で建物を詳細に見て廻り、改善事項を指摘します。検査後、対策が必要な改善事項については協議を行います。通常、指摘事項は数日の間に改善されます。