上棟式
木造建築の場合、基礎工事がおわり木軸組を組み終わる最終段階に上棟式を行います。鉄骨構造の建物などでも建築主が希望すれば行う事もあります。

中間検査
上棟式を行う頃は、建物の形状もはっきりし構造の状態が明快なため、確認申請提出先の役所や指定確認検査機関などの公的機関による中間検査を受けます。
中間検査の申請が必要なため建築主の印鑑が必要となりますが、手続きや書類の準備は設計事務所が行います。通常、建築主の検査立ち会いも必要ありません。
建築確認申請時より大きく変更した部分があれば、その内容により「計画変更確認申請」が必要な場合もあります。
中間検査が必要ない建物もあります。その基準は用途・規模・構造などで決定しますが、地方自治体によりその内容が異なる場合があります。