主に設備の仕様について方向性を検討します。
当事務所では建築設備が出来るだけ建物に違和感なく存在するようにデザインをおこないます。
また、設備の種類によっては空間の使い勝手に作用する場合もありますので、早い段階から検討に入ります。