施主・建築主・クライアントはほぼ同じ意味で使われますが、建物を建ててその持ち主になる立場の方を示します。

施主はもともと仏教からきた言葉の用です(参考)が、ハウスメーカーや建設会社がよく使いますので一般的です。
建築主は建築基準法で使われる言葉で、確認申請書やその他の書類や表示で使用されます。
クライアントは依頼主という意味ですから、建築に限らず様々な場面で使用されます。